戦う美少女アニメ、おもちゃの役割把握してますか?

女の子も戦える!魔法のステッキとコンパクトはどこへ

1990年代前半に、女の子が変身して戦うアニメが世界的に大ヒットしました。それまでの女児向けアニメと言えば「魔法でご近所トラブルに立ち向かう」、「魔法で大人に変身」程度で、世界を守るような厳しいものではありませんでした。その頃のヒロインたちは、魔法のステッキで魔法を繰り出し、コンパクトで変身していましたが、「変身戦闘ヒロインアニメ」が確立された1990年代以降、女児向けのなりきりおもちゃの幅がすごい勢いで広がっているんです。姪っ子や親戚の子、友達の子供にプレゼントする時に、アニメを見ていないとどれがどれだかわかりませんよね。大丈夫です。それまでの戦わないアニメから受け継がれた法則が、今のアニメにもきちんとありますから。その法則を把握して、プレゼント選びに失敗しないようにしましょう。

これが基本、最低限これだけ覚えて

まず、戦闘ヒロインのアイテムのおもちゃは、大きく分けて「コンパクト、ペンダント系」・「ステッキ系」・「置物系」に分けられます。作品によってそのデザインは様々ですが、これらのおもちゃには必ず「用途が大体同じ」という法則があります。まずコンパクトやペンダントは変身に使います。最近はスマートフォンも変身アイテムに分類されますが、デザイン的にはコンペクトのようです。次にステッキ系。これで攻撃します。勿論チャンバラのようにではなく、出てくる光や音の魔法で攻撃する設定です。大まかにこのふたつが女の子的に「どうしても欲しい」おもちゃになります。メインアイテムとも言えますね。

サブアイテム?置物系やぬいぐるみたち

メインアイテムはコンパクトとステッキですが、そのほかに「置物」系のアイテムがあります。大抵ストーリーの後半に登場し、パワーアップやアドバイスしてくれるキャラクターとのおしゃべりができるようなアイテムです。おもちゃとしては占い機能が付属することがほとんどです。水晶玉や宝石箱のような形をしています。赤外線などで、メインアイテムと連動する物もあります。そして忘れてはならないのはヒロインたちと共にいるかわいいマスコットキャラクターたち。ぬいぐるみとして発売されています。アニメ本編のようにおしゃべりする仕掛けがついている場合もあります。身に着けられるものは変身、手に持つタイプは魔法、置物はサポート、ぬいぐるみはマスコットキャラクターという法則は、戦闘ヒロインの前からあります。この法則で、「これじゃない」プレゼントにならないようにしましょう。

おもちゃの買取り金額を左右するのは、箱があること説明書を含めパーツが全て揃っていることでかなり金額は変わりますが、きっちりきれいに掃除するだけでかなり買取り金額アップします。